一緒に観たい映画

ニューヨーク東8番街の奇跡

舞台は再開発の波が押し寄せる1980年代のニューヨークの東8番街(現在の慣用的な邦訳では、東8丁目)。アパートの住人のフランクらは、立ち退き問題に疲れ果てていた。その夜、空から、命を持ったUFOのような生命体が現れ、アパートの住人を守ろうとする。

 

こんなお友達が欲しいな

わたしが一番感動したのは…ラストシーンクライマックスで小さな赤ちゃんが、小さな焼け落ちたタイルを一つ一つ修繕しようとするところ

ハリーさんとの友情と 全ての希望が感じられます

大好きなお話でした

関連記事

  1. 島津悦子先輩

  2. 気圧の影響か…息が苦しい

  3. 撮影へ

  4. More than enough is too much

  5. 成田から足を伸ばして