銀座へ

昨日は夜体調が悪くなり早めに失礼しました

 

 

あの日3.11は銀座にいました

あれから8年、事務所から独立の年でもありました

わたしも全てを失った年なのです

あれから8年

色々なことがへんげしていきました

関東を去って行った人

居なくなった人

事件を起こした人

まだやってる人

亡くなられた人

病になった人

成功した人

幸せになれた人

お別れした人

色々変わりました

 

 

あなたはどうですか

 

時が経つということに馳せております

その時は残酷だったように感じてましたが

 

今となれば美しい

 

昨日は打ち合わせに出かけたので

頑張って足をのばし

お世話になっている美佳さんの

個展へ行ってきました

そう銀座へ

リハビリにも気分転換にもなりますし

3.11、8年前から今また何か思える気がして

 

作品たちは

 

平和を祈る優しさ

日常にはたくさん幸せが秘められていることへの気付き

人間のカルマ

カルマとのたたかい      瞑想

自然界の瞬き

美佳さんが

この世界的出来事があった日に

個展をスタートさせた意味は深いなと感じました

銀座に行く機会

見つめる時間を

美佳さんありがとう

 

 

自分は何をして世の中に役割をいただけるのか

居場所を失ったわたしに

 

震災は一灯を示して

あれから考える大切な3.11

8年前とあきらかに違うのは

 

歌うことは祈ること

これに尽きる

 

そうして心を磨く今日を今日をと…生きることが

 

楽しければほかに何があるのでしょう

 

今、存在させていただいていることに感謝です

もちろん特別でもなんでもなく

我もまた

宇宙の一端としての奇跡であることに

さらに感動していきたい

 

 

合掌

 

関連記事

  1. 巌谷栽松

  2. 35年前の夢

  3. 台風一過

  4. 私の小さな美術館

  5. 小さな町は桜が満開

  6. お勉強中